2006年02月13日

用語集

情報商材
 
情報商材はPDFなどの形式で販売されるデータ書籍の事で、基本的には書店等で一般的に誰でも入手可能な情報ではなく、より特化した内容を盛り込んだものとなっています。
従い、価格的には数千円〜数万円と通常の書籍よりも著しく高額であるケースがほとんどですが、最近は価格に見合う価値の無い酷い内容の情報商材も出回っており、まさに玉石混合。
しっかりと事前に情報収集し、精査した上で購入しなければ思わぬクズ商材をつかんでしまう事は珍しくありません。
情報商材購入は慎重に。


インフォプレナー

情報商材を販売したりする起業家の事をインフォプレナーと呼びますが、最近はこうした呼び方があまり使われなくなってきました。インフォプレナーと自身で嬉しそうにうたっていた人が販売していた情報商材がろくでもない最低な内容で、いわくつきでイメージが悪くなったせいでしょうか(苦笑)。
posted by 情報商材判定マスター at 14:05 | Comment(0) | サイトマップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。